ストーリー

ハーラン郡でのベネット家による支配は終わりを迎え、レイランの旧友ボイド・クラウダーは再び犯罪に手を染める。そしてボイドとその仲間たちは、ハーラン郡を支配しようとしているのは自分たちだけではないと気付く。レイランは、汚職、隠された宿命、ライムハウスという謎の男、そして危険な犯罪者と対峙する。

商品情報

  • SELL / セル
    JUSTIFIED 俺の正義 シーズン3
    コンプリートDVD-BOX 
    2016年12月2日(金)発売
    品番:HPBR-55 価格:9,400円 (税抜)
    収録エピソード:全13話

    購入はこちらから

    • Amazon
    • HMV
    • Rakuten
    • Tower
  • RENTAL / レンタル
    JUSTIFIED 俺の正義 シーズン3
    Vol.1〜6
    2016年12月2日(金)レンタル開始
    各巻2話収録 ※Vol.1のみ3話収録

※商品仕様は予告なく変更となる場合がございます

エピソード

第1話 ガンマン THE GUNFIGHTER

銃撃戦の末、ドイルの手下に脇腹を撃たれたレイランだったが、一命をとりとめ、職場に復帰する。そこに、エイヴァの仇をとりたいボイドが乗り込んできた。ケンカになった挙句、ボイドは刑務所送りとなる。刑務所には仇のディッキーがいた。

監督/マイケル・ディナー 脚本/グレアム・ヨスト、フレッド・ゴラン

第2話 証人たち CUT TIES

証人保護プログラムに携わる保安官補ビル・ニコルズが殺される。ビルが担当していた3人の証人のもとへ警護に向かう保安官補たち。レイランのマイアミ時代の元同僚カレン・グッドールがレイランの事務所に現れ、この事件をともに捜査することになる。

監督/マイケル・ワトキンス 脚本/ベンジャミン・キャヴェル

第3話 ハーランルーレット HARLAN ROULETTE

ボイドはディッキーから、マグスの隠し金をライムハウスという男に預けてあることを聞き出し、さっそく交渉を始めるが、一筋縄ではいかない。一方、デトロイトから来たクォールズという悪党が、違法ドラッグであるオキシやマリファナに目をつけ、ケンタッキー州乗っ取りを企てる。

監督/ジョン・アヴネット 脚本/デイヴ・アンドロン

第4話 デビルの決断 THE DEVIL YOU KNOW

昔の友人タナーに連れられ、クォールズに会うデビル。ハーラン郡で金儲けができると聞かされ、心惹かれる。一方ディッキーとデューイは、刑務所内で囚人たちに襲われる。それは、ライムハウスに預けてあるマグスの遺産を奪うための計画の一部だった。

監督/ディーン・パリソット 脚本/テイラー・エルモア

第5話 仁義なき町 THICK AS MUD

ボイドは、ハーラン郡に侵入しようとしている新興勢力の存在を知り、反撃ののろしをあげる。クォールズは、新事業のパートナー関係を提案するが、ボイドはあっさり断り、ボイド対クォールズの抗争が始まった。

監督/アダム・アーキン 脚本/エルモア・レナード、ヨーン・ウォーリィ

第6話 オキシ戦争 WHEN THE GUNS COME OUT

スターンのオキシ・クリニックへ行ったエレン・メイとトリクシー。色仕掛けで起き詩を売ってもらおうとしているところをタナーたちに襲撃される。デルロイは別のクリニックへ無理やりエレン・名を行かせるが、タナーの姿を目撃してしまう。ボイドは黒幕がライムハウスではないかと疑い、ノーブルズ谷を訪ねるが、ハッキリしない。

監督/ドン・カート 脚本/ニシェル・トランブル・スペルマン、デイヴ・アンドロン

第7話 黒幕 THE MAN BEHIND THE CURTAIN

クォールズは、養父の息子サミーの融資をあてにして、郡保安官ネイピアを買収する。陰謀によってボイドとレイランを逮捕させるのが狙いだ。さっそくネイピアはボイドのバーに現れ、因縁をつける。

監督/ピーター・ワーナー 脚本/ライアン・フアーリー

第8話 レイランへの伝言 WATCHING THE DETECTIVES

クォールズは、FBIにレイランとボイドの癒着を示唆する話を漏らす。レイランのもとにレキシントン警察とFBIの特別捜査官が現れ、追及が始まる。取り調べから何とか抜け出したレイランにウィノナから連絡が入る。

監督/ピーター・ワーナー 脚本/グレアム・ヨスト

第9話 後始末 LOOSE ENDS

クォールズは今後の事業展開を有利にするため、ネイピア郡保安官の再選を目論み、ライムハウスに協力を依頼する。一方レイランはネイピア郡保安官暗殺容疑で収監中のボイドを釈放させる。ボイドはその足で、郡保安官候補者の討議会へ乗り込み、自論でネイピアを圧倒し、シェルビー陣営を盛り立てる。

監督/グウィネス・ホーダー・ペイトン 脚本/イングリッド・エスカデジャ

第10話 征服者 GUY WALKS INTO A BAR

夜、シェルビーのトラックに近づく人影。ネイピアの部下ムーニーたちが、シェルビーを陥れるため、麻薬を仕込もうとするが、それに気づいたシェルビーはムーニーたちを追い返す。反撃に出たボイドは、ネイピアの妹ハンナを利用することを思いつく。

監督/トニー・ゴールドウィン 脚本/V・J・ボイド

第11話 せめぎ合う欲望 MEASURES

クォールズから宣戦布告を受けたレイランにアートが付き添うことになった。しかし、皮肉なことに、この2人の誤解が事件を解決から遠ざけることになる。クォールズの失態に見切りをつけたボスのテオ・トーニンは刺客を送り込むが、レイランは自分を狙っていると誤解して、ついには2人を逮捕してしまう。

監督/ジョン・ダール 脚本/ベンジャミン・キャヴェル

第12話 暴走 COALITION

クォールズをテオ・トーニンに渡して報酬をもらおうと目論むボイドたち。そこにエロールがディッキーを連れて現れ、マグスの遺産320万ドルが銀行の貸金庫にあると告げる。それを盗むべく計画を立てるボイドたち。ライムハウスは逃げ込んできたクォールズに、ボイドの銀行襲撃を伝え、その直後を狙って金を奪うよう指示する。

監督/ビル・ジョンソン 脚本/テイラー・エルモア

第13話 腐ったリンゴ SLAUGHTERHOUSE

ケンタッキー州警察官のトムが何者かによって射殺され、クォールズは行方知れずになる。トム殺しの犯人が逃亡中のクォールズである可能性が高いものの、最終目的であるボイドとクォールズを逮捕するため、レイランは捜査を続ける。

監督/ディーン・パリソット 脚本/グレアム・ヨスト、フレッド・ゴラン

キャスト